トップ > 学習参考書 社会 > 6年 > 環境を考えるBOOK ⊃紊ら始まるお話

環境を考えるBOOK ⊃紊ら始まるお話

価格 : 定価 本体700円+税
0502
数量
 

978-4-8403-0502-0

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
発行会社 みくに出版
著作者・翻訳者 日能研教務部 :著
判型・ページ B5判

ISBN:978-4-8403-0502-0 Cコード:C6037

環境を変えてきたのも変えていくのも私たち。
当たり前って何だろう?環境をテーマに子どもたちの「感じる」「考える」を育みます。
私たちを取りまく環境・社会で起きていることがらをテーマとして取り上げ、
それに関連する内容を、自分と他者、日本と世界、昔と今といったさまざまな切り口から、
ダイナミックな広がりでとらえたシリーズ、それが『環境を考えるBOOK』です。

本書は「環境問題」を論じたり解説したりした本ではありません。
環境の変化を「問題」や「害」ととらえているのは人間であり、
その変化によって人類が滅びたとしても、地球は存在し続けることでしょう。
環境を必要としているのは地球ではなく私たち人間の方です。
そのような視点に立って、今起きている現象を手がかりにして考えていきたい。
だから『環境を考えるBOOK』なのです。

実はこの本は、日能研を卒業していく子どもたちへのメッセージに端を発しています。
本との出あいを通して、子どもたちが自分の中で動いたことを感じ、
これからの環境をつくっていくために考え、行動を起こす。
そのきっかけになれたら――そんな日能研の思いをのせて2008年からプロジェクトが始まりました。
1冊の本が、確かに子どもたちの中に根づき、芽を出し、枝を伸ばしている。そんな実感を持っています。

この出版を機にさらに多くの皆さんに手に取っていただき、
たくさんの「始まり」になれたらと心から願っています。

さて、第2巻は「水」。水がなければ生物は生きていけません。
それなら水があるのは当たり前でしょうか?
水を得るためにどんな工夫をしてきたのでしょうか?
その水はどこから来て、どこへ行くのでしょうか。
水の循環、物質としての水、資源としての水などに目を向けて考えます。

蛇口をひねれば水が出る!! 
よごれた水がそのまま川や海に流れ出たら…?
 きれいな水
何にどれだけの水を使っているのだろう?
どのように水を使う?!
毎日の生活で使う水(生活用水)
江戸時代の生活用水 
田や畑で使う水(農業用水)
 工場で使う水(工業用水) 
日本で使える水はどれくらい?
川、 あれこれ
水はめぐる 
水の循環
地球上に存在する水の量
水って何だろう? 
水の特ちょう1
水の特ちょう2
水の特ちょう3
青い星 地球